本に囲まれた潤いある生活を

本に囲まれた潤いある生活を実践してみませんか。
最近、スマートフォンやタブレット端末が普及し、手軽に読めて持ち運びも便利な電子書籍を利用する人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、スマートフォンやタブレット端末からはブルーライトという目の疲労を引き起こす原因ともなる光が発せられています。その為、スマートフォンやタブレット端末を介して書籍を読み続けると体に影響がでてきてしまうことも考えられます。

 
そう考えると、やはり本は紙製に限るのではないでしょうか。例えばあの本のあの場面を読みたいと思い立った時、電子書籍では一回一回スライドしてページを確かめて探さなくてはならない必要があるのに対し、紙製の本ではパラパラと捲ればすぐにその場面を探すことができます。

 

嵩張るから、重たいから、持ち運びに不便だからという理由で、紙製の本を遠ざけてしまうのは大変勿体ないです。
読みたい時に読みたい箇所をさっと開ける、本棚に置かれたお気に入りの本に囲まれた潤いある生活を実践するのも悪くないと思います。