読んだ本の内容を覚えておく方法

あんな本、こんな本、読んだはずなのに、忘れてしまう。部屋にはたくさん本が積み上がっているのに、自分の中には知識が積み上がらない。そういう不安は誰しもが持っているものです。

 

どうしたら読んだ本の中身を記憶できるのでしょう。よくいわれるのは、読んだ内容を人に話すというものです。これはあの人なら面白く聞いてくれそうだなあ、と思いながら読むだけで、吸収率が高まるのはたしかです。

 

とはいえ、いつも都合よく本の話を聞いてくれる人がいるとも限りません。そこでおすすめなのが、線を引いたりノートを取りながら読むことです。どこに線を引くか、なにを書くかを考えながら読み進めることによって集中力があがるのはもちろんのことですが、それだけではありません。

 

自分の書いたノートや線が引かれた本の見開きの印象などが視覚的に印象に残るので、内容を思い出すための引き金となる材料が増えるのです。ぜひ今日から、鉛筆とメモ帳を手に読書をしてみてはいかがでしょうか。

PR|オーダー本棚で憧れの壁面収納を|