やっぱり、紙の書籍がいいと思います

現在では、電子書籍なども普及しているようです。しかし、そんな状況であっても、やはり、紙の書籍に魅力を感じます。そして、紙の書籍が並んでいる本棚や書斎というものは、心が落ち着くものなのです。

確かに、電子書籍ならば、場所をとりません。そして、気軽に購入することもできるでしょう。でも、本というものは、ページをめくることに価値があるとも考えられます。そして、ページをめくりながら読むことに喜びが見いだされるのです。

スペースがあるならば、やはり、自宅に本棚があったほうがよいと考えます。書斎に並べられた書籍というものは、ある意味、宝物でもあります。そして、長年、保管された書籍の日に焼けた部分も、味わいの一部となるのです。そんなことからも、電子書籍には、つい、抵抗を感じてしまいます。

本棚というものは、自分の心のよりどころともなるものです。また、本棚に置かれた書籍を、久しぶりに読み返してみることも、幸せで満ち足りた時間となるのです。